12月第3週 感染症データ更新しました


医師からのメッセージ:

寒さの本番を迎え、のど風邪や胃腸炎など様々な感染症が流行しています。
冬季に流行するRSウィルス・ロタウィルス・インフルエンザなどは特に乳幼児などの抵抗力が弱い年齢では重症化することもあります。
インフルエンザに関しては予防接種がありますが、多くの感染症はうがい・手洗い・マスクが基本的にな予防方法です。しかし、子供では難しいこともありますので周りの大人も持ち込まないよう心がけて頂けたらと思います。
風邪にかかってしまった際は、乳幼児では早めの受診を、それ以外の年齢でも長引く熱・いつもより元気がない・ぐったりしている・水分が摂りづらい(食欲がない)・その他、お子様がその日一日を過ごすに当たり不快な症状がある場合は医療機関を受診ください。

 

 

感染症データ

データを拡大する